粥等
飲料
酒精

2019年3月に銀座TORIBA COFFEEにて
一ヶ月期間限定のポップアップとして登場し
連日長蛇の列で賑わった明天豆花(ミンテントウファ)が
明天好好(ミンテンハオハオ)と
名前を新たに待望の旗艦店を
同年8月11日に中目黒にオープン。

New far eastern style cafeと銘打った明天好好は
80年代のアメリカ西海岸のチャイニーズレストランや
当時の各国のチャイナタウンのイメージなどをベースに
日本を含めた東アジアのエッセンスをミックスした
新しいスタイルのカフェを提案している。

看板メニューの豆花に加え、
湯葉粥・台湾の定番メニュー豆漿(トウジャン)、
オリジナルのドリンクや酒類と
メニューのバリエーションも豊富に展開され、
店内でのイートインだけでなくテイクアウトのサービスも。
メニューはすべて動物性の食材を
使用しないヴィーガンスタイル。(※蜂蜜を除く)


引き続きメニューの監修は南青山の老上海料理店ミモザの
オーナーシェフ南俊朗氏によるもの。
デザインチームに古着屋DEPTのオーナーeri氏、
グラフィックデザイナー岩井遊氏が顔を揃え
ロゴや内装に加え
オンラインで販売されるオリジナルグッズのデザインなども手掛けている。
明天好好創業メンバーであるフローリストの越智康貴が
セレクトした季節の花々も店頭に並ぶ。